司法書士の場合

司法書士に相談する場合はこのようなことについてのときです。不動産の名義変更、各種財産の承継手続き、相続放棄手続き、遺言書の作成・検認、遺言執行など。この中でも一番多いのは不動産の名義変更になるでしょう。不動産が遺産に含まれるのは遺産全体でも半分以上の割合であるため、該当する方も多いと思います。不動産や土地の持ち主が亡くなった時、相続人の名義変更をしておかなければ、誰の持ち物なのか後に揉めるケースもあります。実際に土地の遺産相続はトラブルになることの多い問題です。名義変更自体は義務付けられているものではありませんが、最もやっておいたほうがいい手続きであります。不動産の名義変更を行うには、申請書類や遺産分割協議書などを作り法務局に申請手続きを行わなければなりません。これを自分で行うには知識がないと難しいので、司法書士の方に依頼するのをお勧めします。弁護士にも相談する事はできますが、相続登記は司法書士の専門なので司法書士に相談したほうが良いでしょう。

また司法書士は証券会社や預金などの財産管理、相続手続き、または相続放棄手続きなども依頼できるので、相続税の申告が必要ない場合や相続で揉めているというトラブルがなければまとめて依頼することも出来ます。